イーストリーフ日本橋三越前2階床鉄筋工事

工事状況

イーストリーフ日本橋三越前3階床鉄筋工事

リアルな工事現場

毎回リアルな工事現場の写真を載せてますが、今回の写真は結構リアルです。というか作業中なので少し散らかった写真です。たまにはこんな写真もリアルさを伝えるのにいいのかなと思い掲載します。

という事で現場の写真は3階床の鉄筋を組んでいます。現場は鉄筋だらけでスーツで写真を取りにいったら針金にひっかかって破れたって話よくあるあるです、、、。

型枠組んで壁から鉄筋を組みます。そして最後に床の配筋です。

写真右側の柱の鉄筋と梁の鉄筋の量が凄まじく多いです。柱と梁は嵌合作業が大切です。

嵌合(かんごう)

鉄筋を配筋し、組み立てる途中、必ず鉄筋をつなげる作業があります。鉄筋をつなぐ方法は幾通りかありますが、機械式継手と呼ばれる方法では、カプラーと呼ばれるスリーブ状の物で鉄筋をつなぎ、つなぎ目にエポキシやグラウトと呼ばれる接着剤を注入し鉄筋をつなぎます。 この作業も建物の強度に密に関係するので手早いだけでなく確実な仕事が求められます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました